チクチクゴロゴロするドライアイ

チクチク・ゴロゴロ感を訴える病気の代表がドライアイ。国民病ともいわれるほどに多い目のトラブルであり、パソコン作業やゲームなどでまばたきも忘れて画面を見続けることが原因。目が乾きすぎることからおこります。

 

●涙の異変でおこるドライアイ

何となく目がうっとうしい…そんな目の違和感は、表面の異常で感じることが一番多いものです。逆さまつげもそうだし、ゴミが入って結膜に傷がついたときも同じ。でも、チクチクする、ゴロゴロするという訴えのなかで、最も多いのがドライアイです。通常、目の表面はまばたきによって常に涙で適度な潤いを保っています。でも、何らかの原因によって潤いが行き届かず、乾いた部分が生じることで多様な違和感を呈する疾患がドライアイです。

●ドライアイの2つの型

ドライアイの中には、涙の量が少なくなる型と、涙の量はふつうでも質に変化がおこって蒸発しやすくなる型があります。ひとつは「涙液減少型」といい、何らかの原因で涙の量が減っておこるもの。もうひとつは涙が蒸発しやすい性質の「蒸発更新型」。多いのは、圧倒的に「蒸発更新型」です。涙はムチン層、水層、油層の3つの層からできていて、一番表面にあるのが油層。その下の水層の蒸発をコントロールしています。油分を分泌しているマイボーム腺の働きが弱くなると、目の表面を均一にカバーできなくなり、そこから涙がより多く蒸発してしまうことになります。IT作業によっておこるドライアイは、この2つの型では当てはまらず、涙の量も質も正常です。なのに、集中してモニターを見つめることにより、まばたきが極端に少なくなり、目を潤す涙が正常に使われず、余った涙は涙道から鼻に捨てられ、涙の蒸発を防ぐ油も固まってしまいます。

●ドライアイの発症にはIT作業が関連している

IT作業による眼疲労もドライアイも自覚症状は同じで、ゴロゴロ・チクチク感ばかりでなく、目が重い、目の奥が熱っぽい・痛い、疲れやすい、不快、という多様な症状を現します。涙の量や質を検査し、病的変化があればドライアイと診断されます。ただし、ドライアイの発症にはIT作業による生理的な目の疲労と眼精疲労の両方が関連しておこることが多いので、簡単に決めつけないで検査を受けて正しく治療しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ