タバコを吸っているとタバコ顔になる

タバコ顔? そんな顔ってあるの……? あるんですよ、スモーカーに共通の顔が。カサカサした肌、目元のチリメンしわ、あごやほほのラインのたるみ、目の下のクマ、こけた頬……とにかく同じ年の人よりもずっと老けてみられますから、それは顔のせいだと思ってください。

 

●女性ホルモンの分泌を低下させるタバコ

中年になって自然と老け顔になるのはしまうのは、女性ホルモンの分泌が減少してしまうことによります。若くても女性ホルモンの分泌が低下すれば、その中年顔になってしまいます。タバコには女性ホルモンの分泌を抑える作用があります。それが特有のタバコ顔をつくります。今まだタバコ顔になっていないならば今がチャンス。タバコをやめて女性ホルモンの分泌を潤滑にしてやれば、タバコ顔の恐怖から逃げ出せます。

●5~15歳若返る

タバコは人間の体を5~15歳も老化させてしまうことが、実験によって明らかになっています。それがタバコ顔をつくる大きな要因。タバコは自律神経の働きを狂わせるので、肩こりや首こり、手足・足先のしびれ感や冷感などをおこします。その体調の悪さがタバコ顔に拍車をかけます。とりあえず、禁煙してみたら? 若々しくない自分、なんとなくぼんやりしている自分に気づいたら、それは禁煙のサインだと思ってください。

●ニコチンで肌は大ダメージ

タバコを吸っているあなた、目尻のシワや鼻から口角に向けてのシワが深く、小ジワが増えていませんか。それはタバコに含まれるニコチンのせい。タバコを一本吸うたびにニコチンの血管収縮作用により、末梢血管の血液の流れが一瞬、止まってしまうことによります。タバコを吸うと、直後から皮膚温度が低下。回復には1時間近くかかります。だからチェーンスモークをすると、回復できないまま、肌はダメージを受け続けることになります。どこかで断ち切らなければ。

●タバコと別れるときれいな肌からプロポーズ

禁煙によって末梢血管の血液循環がよくなると、肌に栄養や酸素も十分に補給されるようになります。タバコ煙はコラーゲンの生成をじゃまする働きがあり、皮膚のたるみに拍車をかけています。また、タバコ1本に吸うと、約25ミリグラムのビタミンCを消費。そのため肌はいつもビタミンC不足になり、メラニン色素の代謝に関与しているビタミンCは、禁煙によってメラニンの沈着も貢献。さあ、タバコと別する決心、できた?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ