あなたのお口、イイ息してる? 口臭を気にしていすぎませんか。

「もしかしたら口臭があるのでは……」いつの日からか手のひらに息を吹きかけてニオイを嗅ぐことが習慣になっていませんか。自分ではわからない口臭のなかには生理的なものと病的なものがあり、実は対策の必要がない生理的口臭が6割にものぼるそうです。されど気になるお口のニオイ。あなたは大丈夫?

 

●口臭の多くは口の中に原因あり

生理的な口臭は誰にでもあり、正体は揮発性の硫化化合物。たいていは他人には気づかれることなく、治療の対象にもならないものです。他人に気づかれるほどの口臭であっても、そのほとんどは口の中に原因があり、虫歯や歯周病を治療することによって取り除くことができます。ニオイの元になっているのは歯垢(プラーク)。歯垢や歯石は虫歯・歯周病の原因となり、口臭を発生させます。どんなに注意深くブラッシングをしても、年齢とともに歯周病は進行するので、口臭も強くなっていきます。

●口臭は健康のバロメーター

口の中は唾液によって洗浄され、雑菌の増殖を抑えるとともに、口臭がおこらないような仕組みになっています。でも、歯にかぶせた歯冠やブリッジが古くなったり、穴があいたり、隙間ができたりし、そこに食べカスが詰まったりして腐蝕すると、かなり強い口臭を発生させます。また、加齢やストレス、食生活の乱れなどによって唾液が減少すると、口腔内に細菌をためやすくし、口臭を拡大させてしまうことになります。口臭は歯周病ばかりでなく、糖尿病などの生活習慣病とも密接につながっているので、体全体の健康のバロメーターとして口臭をとらえましょう。

●口臭予防のツールとノウハウ

第一に、口腔内を清潔にすることが口臭予防の決め手です。清潔時代の昨今、口腔ケアのグッズはあまた市販されているので、自分の生活スタイルに合ったものを選びましょう。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシの使用はいまや常識。自分の歯にあった形状とサイズを選ぶことがコツです。忘れてならないのは舌クリーナー。舌の上には無数の凹凸が存在し、舌苔という沈着物が付着しています。この舌苔中に口腔内細菌が溜まり、たんぱく質の分解酵素によってガスが発生。口臭を放つことになるので、歯磨きだけでなく、舌の掃除も定期的に行います。口の中以外の臓器の機能低下からおこる口臭予防では、生活改善に心がけ、早期治療に徹しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ